千葉の『相続』はお任せください

相続トータルサポート by 心グループ

生命保険と相続に関するQ&A

  • 文責:所長 弁護士 白方太郎
  • 最終更新日:2021年7月28日

生命保険が相続対策になるのはなぜですか?

2つの理由があります。

1つ目の理由は、生命保険には相続税の非課税枠があるためです。

相続税は相続する財産の金額が多いほど高くなりますが、生命保険で遺すと、非課税枠の分だけ現金でそのまま残すより課税対象となる財産を減らして相続税を抑えられます。

2つ目の理由は、生命保険金を受け取っても、原則として相続の取り分が減らないためです。

そのため、財産を遺したい人に、法律に邪魔されることなく財産を遺しやすくなります。

相続税における、生命保険の非課税枠について教えてください。

生命保険については、500万円×(法定相続人の人数)だけの非課税枠があります。

例えば、相続人として3人の子ABCがいる場合、Aのみが2000万円の生命保険を受け取った場合、

 500万円×3人=1500万円

の非課税枠があるため、生命保険の金額のうち

 2000万円―1500万円=500万円

のみが課税対象となります。

なお、非課税枠は相続人で共通となるため、1人の相続人が受け取る金額が500万円を超えても、全員が受け取る金額が

 500万円×(法定相続人の人数)

を超えなければ課税対象となりません。

相続放棄をしても、生命保険の基礎控除は受けられますか?

相続放棄をした人が受け取った生命保険金は、基礎控除の対象になりません。

一方で、相続放棄をした人がいても、非課税枠の計算における「法定相続人の人数」は変わらない点には注意が必要です。

このため、相続放棄をしていない相続人は、相続放棄をした人の非課税枠も利用できることになります。

例)相続人が子A・Bの2人。

非課税枠:500万円×2人=1000万円

(非課税枠の計算に相続放棄は無関係であるため)

A:300万円が課税対象

(相続放棄をして非課税枠を利用できないため)

B:700万円<1000万円(非課税枠)となるため課税対象外

となります。

生命保険が「相続財産ではない」と聞いたのですが、どういう意味ですか?

相続財産とは、被相続人が亡くなった瞬間に持っていた財産を指します。

そして、被相続人の死亡により、財産が相続人に引き継がれるのが相続です。

生命保険金は、亡くなるまでは請求することができず、亡くなって初めて請求することができます。

このため、生命保険金は、被相続人が亡くなった瞬間には存在しないため、「相続財産ではない」と言われています。

つまり、生命保険金は、被相続人から相続して貰うものではなく、亡くなると突然手に入るという扱いが法的にはされています(「遺族固有の権利」などと言われます)。

生命保険金が「相続財産ではない」と、なぜ相続対策になるのですか?

「相続財産ではない(=遺族固有の権利)」生命保険金をもらっても、原則は、相続の取り分が減らないからです。

生前贈与や遺贈(=遺言書による死亡時の贈与)をすると、「特別受益」(民法903条)となります。

この「特別受益」とは、相続と別枠で被相続人から財産をもらった人の

相続における取り分(=具体的相続分)を減らす制度です。

したがって、生前贈与や遺贈で財産を渡すと、遺産分割で取り分が減ってしまいます。

また、「特別受益」が多くなると、遺留分請求される金額が増えてきます。

しかし、生命保険金は、被相続人からもらうものではなく、遺族が保険会社から貰う遺族固有の権利です。

そのため、原則は、「特別受益」とならず、遺産分割や遺留分請求の場面でも相続対策に役立ちます。

相続放棄をしても、生命保険金は受け取れますか?

受け取れる場合と受け取れない場合があります。

相続放棄をすると、被相続人の財産を相続できなくなります。

この点、生命保険金は、遺族固有の権利として保険会社からもらうお金であるため、相続放棄をしても受け取れる場合が多いです。

しかし、例えば、受取人の記載が被相続人の場合は、一度、被相続人が受け取った生命保険金を相続する形になるため、相続放棄をすると受け取れなくなります。

生命保険金が受け取れる場合と受け取れない場合は、契約内容等をよく確認しなければならないため、相続放棄をご検討中の場合は弁護士にご相談ください。

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ